FC2ブログ
 

神保町√通信 へようこそ
神保町の真ん中(ルート:√)からお届けする
「風情」と「ぬくもり」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年07月30日

神保町の喫茶店

神保町は喫茶店の多い町です。
最近は全国的にはチェーンの比較的安い喫茶店が増えて従来の喫茶店が減っているようですが、神保町にはまだまだ残っています。

さぼうるA
さぼうるB
ミロンガ2


靖国通りとすずらん通りに挟まれた裏道には喫茶店がいくつもあります。
弊社がある1丁目奇数番地地区のほぼ300メートル四方の中にチョット数えても20軒ほどあるでしょう。
神保町駅の方から200メートル程度の場所にさぼうる、さぼうる2、珈琲館、ビッグボーイ、古瀬戸、伯剌西爾、ラドリオ、ミロンガと喫茶店が並んでいます。外れの富山房ビルの地下にもFolioという喫茶店がありますが、入口は反対側なので除外します。


20年ほど前は珈琲館のある狭い路地裏の四つ角に4軒も向かい合っていました。神保町にはなぜ喫茶店が多いかというと出版社が多くて打ち合わせに使うことが多かったからという説を聞きます。打ち合わせをするには席と席の間が狭い安いチェーンの喫茶店では無理です。

これだけの店が営業しているのはそれぞれの店に特徴があって客を掴んでいるからでしょう。
山小屋風のさぼうるはスパゲッティの量が多いことでも人気があるようです。私の歳になると量は多くなくてもよいのですが、若者には量が多いと嬉しいのでしょう。当然それなりの味がないと食べられません…
ビッグボーイは前にあった店に代わって2年位前にできたジャズ喫茶です。これが団塊世代には人気があるようです。
古瀬戸は城戸真亜子氏の大きな壁画があります。ミロンガはタンゴが流れています。
長い間にはラドリオのように店内にシャンソンが流れていた店にジャズが流れていたりして変わってしまった店もあります。

この数年で閉まった喫茶店もいくつかありますが、神保町らしい店は末永く続いて欲しいものです。
この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://comfair1.blog24.fc2.com/tb.php/26-1b1d248b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。