神保町√通信 へようこそ
神保町の真ん中(ルート:√)からお届けする
「風情」と「ぬくもり」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月13日

冷し中華

神保町は冷し中華発祥の地です。
すずらん通りにある揚子江菜館が最初に始めたそうです。揚子江菜館の伝統の冷し中華は高いので滅多に行けません。会社近くの康楽の冷し中華も意外(失礼!)に美味しいです。雑誌に紹介されたこともあります。ここは揚子江に比べたら安いので一夏に何度か食べます。

CIMG1585.jpg

昨日(12日)の昼に康楽に行くと冷し中華がありました。でも数日前から涼しいというより寒いので頼むのを迷いましたが、頼んでみました。久し振りの冷し中華は美味しかったですが体の内側からも冷えました。暖かいスープを頂いて体を暖めました。

今日は寒いので昼に頼んだ人は5人だけだったようです。何で今日から始めたのか聞いたら「先週お客さんに早く食べたい」と頼まれたからだそうです。仕込みをした土曜日はまだ暖かかったのに月曜になったら寒くて、初日にこんなに出なかったのは初めてとのこと。

先週から殆どのメニューを値上げしましたが、冷し中華も少し上がって780円になりました。
麺が1個10円以上値上がりしているのに最初の値上げ案は10円だったようです。他に安いチェーン店などがあって客が減るのを心配したようです。10円しか上げないのかと客に言われて、一部据え置きで30円程度の値上げになりました。値上げの時は客が減るのが一番心配なことだそうです。

冷し中華は他のものに比べると値段が高い理由を聞いたら、他のものに比べたら盛り付けるのに手間がかかるからとのことでした。他の麺類は具が混ざっても良いけれど、冷し中華ではきちんと並べなくてはいけない。一度に沢山の注文があると並べるのに場所を取るし面倒だとのことです。

話が逸れてしまいました…
この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://comfair1.blog24.fc2.com/tb.php/23-9d27a789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。