FC2ブログ
 

神保町√通信 へようこそ
神保町の真ん中(ルート:√)からお届けする
「風情」と「ぬくもり」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年09月04日

消えた店

更新が遅れているうちに神保町が変わっています。
新しいものができる陰にはなくなっていくものもあります。
その中で消えてしまった店の閉店の挨拶を集めてみました。

20070904141950.jpg

今の高層ビルの場所にあったトンカツの店「羅生門」夫婦2人でやっていたようです。店内はカウンターと座敷だけ。座敷の畳は斜めになっていて当然座卓も傾いていて、茶碗の中のお茶の水面が斜めに見えました。これは目の錯覚で水面が平らで茶碗が斜めだったのでした。
とんかつはロースとヒレだけでカラッと揚がったカツには自家製ソースがかけられカリッとして美味しかったです。別にキャベツの漬物もあってこれも美味しかったです。材料が無くなる2時頃には閉店していました。他に移転することもなく99年夏に閉店しました。神保町の店はこのような挨拶文が似合います。

20070904142216.jpg

出雲蕎麦は有名店でした。宮内庁御用達のようで店内には天皇家の写真が飾ってありました。政財界の客も多く黒塗の車がよく止まっていました。
再開発で移転する前は羅生門と並んでいましたが北側に移転して立派な店を建てました。その後家庭内で不幸などもあって閉店したようです。

再開発前には出雲蕎麦、羅生門、寿司と3軒が並んでいました。新太郎寿司屋は早めに銀座に移転して今も繁盛しているそうです。銀座価格になりましたが、神保町時代からの馴染みが行くと神保町価格にして貰えるとか…

20070904142308.jpg

すずらん通り裏の路地裏にあった割烹の栄屋は6月に閉店しました。入口が2つあってカウンター席と座敷に行けました。
ランチは焼魚、刺身、煮物等4種類全て1000円で割烹らしい料理でそれなりに人は入っていました。地主が建て直すようで閉店してしまいました。

20070904142400.jpg


鈴蘭通りの安い店が並んでいるうちの1軒「たつ屋」も6月に閉店してしまいました。閉店時に牛丼280円、カツ丼350円だったそうです。

出雲蕎麦とたつ屋跡の工事が始まりました。
こうして店が入れ替わっていくようです。
以前はチェーン店が少なかった神保町もチェーン店が増えてきました。
この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://comfair1.blog24.fc2.com/tb.php/14-75a83ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。