神保町√通信 へようこそ
神保町の真ん中(ルート:√)からお届けする
「風情」と「ぬくもり」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年05月30日

すずらんまつり

suzuran-r.jpg

神保町1丁目の靖国通りに並行して南側を通る道は「すずらん通り」と呼ばれています。ちなみに白山通りを渡った神保町2丁目側では「さくら通り」と呼ばれています。
今では裏通りのようになってしまったすずらん通りですが、靖国通りが今のように拡幅されるまではメインストリートだったそうです。実際、老舗の東京堂書店はすずらん通りに店舗を構えています。数年前に販売はやめてしまいましたが富山房書店も東京堂前にありました。画材の文房堂も冷やし中華が有名な揚子江菜館も創業100年を超えています。
この付近は明治時代には中華の店が多かったようです。

20120526015-r.jpg 明大通り側入口

20120526021-r.jpg 白山通り側入口


そのすずらん通りでは沿道のすずらん通り商店街が毎年5月末に通りを歩行者天国にして「すずらんまつり」を開催しています。今年で24回目で29日に開催されました。

20120526017-r.jpg

20120526018-r.jpg

20120526023-r.jpg


本の街、神保町ですが、飲食店のブースが多く出ていました。
このような催しにはつき物の焼きそばは当然、餅つき、綿あめ、本格的なカレー、飲物は世界のビール、カクテル、コーヒー、紅茶…と色々ありました。

20120526016-r.jpg 手前はクラフトコーナー、奥では囲碁を

20120526022-r.jpg

参加者が体験できる催しとしては水彩画教室、陶芸教室、おもちゃ作りなど、囲碁のコーナーや似顔絵を描いてくれるブースもありました。

20120526019-r.jpg

毎年のように北海道美瑛町の物産販売がありますが、震災支援として被災各県の特産品販売コーナーなどもありました。

20120526024-r.jpg 白山通りを渡って演奏に来る救世軍のメンバー

また、救世軍の演奏も行われ多くの人を集めていました。
スポンサーサイト












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。