FC2ブログ
 

神保町√通信 へようこそ
神保町の真ん中(ルート:√)からお届けする
「風情」と「ぬくもり」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年01月31日

奇数と偶数

神保町の番地は珍しい付け方をしています。

靖国通りを挟んで神保町1~3丁目の北側が偶数番地、南側が奇数番地になっています。
隣の小川町、錦町も同様な付け方で全国的にも珍しいようです。
弊社は靖国通りの南側なので奇数番地で37番地です。隣は35番地と39番地です。
他の場所なら37番地は36番地と38番地に挟まれていると思います。

自分は地理に詳しいと言っている人がこれで迷うことがあります。
弊社に来る方が「36番地まで来たのに37番地が見つからない」と1時間以上ウロウロしていたことがありました。
詳しいと言った以上意地でも探そうとするのでしょう。探し疲れてから電話してきます。

ところで弊社の近くの奇数番地に新しい店が開店していました。
いつ開店していたのか気付きませんでしたが、ふと店名を見ると「親父ホイホイ」と書いてあります。
面白いと思って命名したのでしょうが、私のような親父は入店するのにはためらってしまいます。
居酒屋ですが、毎日限定20食のハンバーグ・トマトチーズ丼というものがあるようです。
どんなものか興味がありますが、私のような高齢者が店に入ると床がネバネバしていて出られないのかもしれません。

s-CIMG2842.jpg

スポンサーサイト












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。